クライストチャーチ大地震後の近況

b0000233_20574548.jpg
写真は去年8月撮影

日本の皆様

ご心配ありがとうございます。クライストチャーチは現在大混乱の状態です。今も崩壊した建物に閉じ込められた人が大勢います。電気や水のないクライストチャーチから避難する人も大勢です。幸いなことに、我が家をはじめ主人ニールの家族は無事です。(我が家はクライストチャーチから西へ50km程の位置にあります。)

我が家があるダーフィールドを震源とした去年9月4日のマグニチュード7.1の地震の方がわたしたち家族にとっては大変だったのですが、奇跡的に死者がゼロだったため日本ではほとんど報道されませんでした。(田舎の人口の少なさと土曜日の午前4時36分という早い時間が幸いでした。)

今回の地震はその地震の影響を受けているわけですが(余震だったという説と、別の地震だという説がある)、前回と違い週日のお昼時(12時51分)だったためオフィスやカフェをはじめ英語学校や大聖堂にいた人まで被災しました。

b0000233_2112343.jpg
地震で崩壊したお店

ニュージーランドに来て二十数年になりますが、地震など皆無に等しく、こちらで大規模の地震を経験するとは夢にも思っていませんでした。今回は、去年の大地震が既にあったため、クライストチャーチ周辺にはもうしばらく(少なくとも十数年は)あのような大きな地震はないだろう、という皆の安心の気持ちを裏切る突然の惨劇でした。

マグニチュードは確かに6.3と、9月に比べれば小規模に聞こえますが、震源がクライストチャーチ市内(リトルトンのトンネル付近)で4kmと浅い直下型の地震だったため、クライストチャーチでの被害は前回をはるかに上回るものになっています。

特にクライストチャーチ中心部で被災した友人たちは、想像を超える、映画を見ているような悪夢の光景だったと言います。今もこの余震の余震が続いています。

b0000233_211428.jpg
あるバーの建物

クライストチャーチの中心街は歩いて回れる規模で、東京並みの高層ビルはありません。人口も37万人とかなり小規模ですが、それでもこの被害です。この規模の地震が東京であった場合一体どうなってしまうのかと心配になります。どうか、十分に災害時のために準備してください。災害は、突然来ます。突然・・・

地震写真: Martin Luff
[PR]
# by nzbee | 2011-02-23 21:21 | 我が家のニュース

10人家族になりました!

b0000233_2035613.jpg

ご無沙汰しているが、実は妊娠中だったのだ。先月無事に自宅で8人目を出産し、スミス家はめでたく10人家族になった。名前はキートンで、3940gだった。これで子どもは男4人女4人。
[PR]
# by nzbee | 2010-07-30 20:39 | 我が家のニュース

サクソンの3歳の誕生日

b0000233_20121452.jpg
まだまだ赤ちゃんのように思っていたサクソンだが、いつの間にか3歳。早いものだ。サクソンは結構前から口が大変達者で、日本人の友人には「天才バカボン」の「ハジメちゃん」と言うニックネームをつけられたくらい(笑)兄弟が多いほど下の子達はひょうきん者になると聞いたことがあるが、一理あり・・・
b0000233_20173786.jpg
今回はセイナがケーキ担当。前日にケーキを焼いて、当日生クリームとチョコでデコレートした。
b0000233_2020818.jpg
ソーちゃんが前からカップケーキを作りたがっていたので挑戦させた。りんごとシナモン入り。自分でカラーも混ぜて、上手にアイシングを作った。飾りつけはみんなでわいわいと。作るのに夢中で、ちゃんとした写真がないのだが、かろうじて一枚だけぼけた写真があったので載せておく。笑いが多い一日だった。
[PR]
# by nzbee | 2009-08-05 20:27 | 我が家のニュース

13歳の「成人式」

b0000233_193381.jpg
先日、友人の長男が13歳になった。我が家の長男とは誕生日が2ヶ月違いで、赤ん坊の頃から友達だ。そこの家で、「Men only」のパーティーがあった。正確に言うと、そこの家の奥さんとか妹たちはもちろんいたそうだが。我が家からもパパとケンが招待されていった。ヘブライ文化では、男子は13歳で「大人」とみなされる。「子ども」から直接「大人」になるのだ。「ティーン」とか、「思春期」とか、「反抗期」とかいうコンセプトもない。(女子は12歳で成人)

ここのうちは、聖書を信じるクリスチャン家庭。旧約聖書と関わりの深いヘブライ文化に習い、13歳になったデイビッドの「成人」を宣言し祝うパーティーにしたのだ。それにちなんで、招待客は全て男。父親+息子組がほとんどだった。子育ては何かと奥さん任せにしてしまうこの世の中だが、進んで「父・息子の絆」の強化をこの家族のようにもっと推進すべきだと思う。ちなみに、デイビッドは8人兄弟の長男、弟が5人、妹が2人いる。

13歳だと、日本では中学一年生だ。プレイステーションでもなく、Wiiでもなく、大人と同等の尊厳を持って扱われ、大人と同等の責任を与えられ、社会に少しでも貢献することを父親から教えられる13歳がもっと増えたら、いじめも、引きこもりも、登校拒否も、少年犯罪も減る世の中が来ることだろう。
[PR]
# by nzbee | 2009-05-21 20:28 | 子育て

もう夏も終わりですが・・・

b0000233_18315145.jpg
元旦に近くの川にピクニックに行ったときの写真。我が家のみんなとおじいちゃんとおばあちゃんでパチリ。日向は暑いけれど日陰は冷っとするさわやかな日だった。
b0000233_18375416.jpg
この後ろのほうにあるのが川。近くのキャンプ場では所狭しとものすごい数の人が(NZにしては。)キャンプしていたが、この場所は空いていた。NZではクリスマス・元旦が夏休み中なので家族で長期キャンプをする人がかなりいる。それも、毎年同じキャンプ場に行き、毎日読書したり泳いだりしてリラックスするだけだ。
b0000233_18413128.jpg
水もきれいだ。でも冷たくて、パパなどは長袖で足首まであるウェットスーツを着ていた。
b0000233_18435257.jpg
おばあちゃんがセリースとサクソンを抱いてくれている。サクソン(2歳)は張り切って水着を着たものの怖くて水に入れなかった(苦笑)
b0000233_18463718.jpg
きれいな川で午後中思う存分泳いだ。日が一番長い時(日本と正反対)は夜10時近くまで明るいのでアウトドア派の人にはパラダイスだ。
[PR]
# by nzbee | 2009-03-27 19:01 | ニュージーランド文化

お馬さんだよ。

b0000233_7584370.jpg
近く(と言っても25キロほど離れているが)のお友達のところに遊びに行った。10エーカー余りの土地だが、馬、牛、鶏、ヤギ、羊、犬、猫など動物の種類が多かった。でも目玉はやはり馬。こんなに立派な馬が8頭も!夫婦でドレサージ(高等馬場馬術)をやっている。
b0000233_814841.jpg
子どもたちは一人ひとりポニーに乗せてもらった。正確に言うと、一頭はポニーでもう一頭はミニチュア・ホースなんだそうだが、双子のように見えてどっちがどっちだかわからない(笑)ここで乗馬しているのはハンター。12月で6歳になった。
[PR]
# by nzbee | 2009-03-19 08:01 | ニュージーランド文化

スミス家のヤギたち

b0000233_2041286.jpg
昨年9月生まれのジーナは早6ヶ月。もうこんなに大きくなっている。3年間ほどは成長し続けるらしい。一番人懐っこくてお茶目なジーナ。だいぶ前に乳離れさせたのに、まだまだ行動は赤ちゃんだ。隙があれば他のヤギの乳を吸おうとする。親かどうかは気にしないらしい(苦笑)
b0000233_2056143.jpg
左から、ポピー、ジーナ、フィービー、ヘレンだ。(マーサはジーナの乳離れのために別のエリアにいる)普段はみんな仲良くしているが、ヤギはけんかも多い。人間にはとても愛想がよいのだが、ヤギ同士では容赦なくけんかをする。herd animalであるヤギたちには、群れの中でのランク付けが大変大事なのだ。
[PR]
# by nzbee | 2009-03-04 21:12 | 人物紹介

Water Slide

b0000233_19511394.jpg
去る2月14日はハイディの8歳の誕生日だった。その前の週はNZ南島にしてはとても暑い日(日中は30度を越えるくらい)が続き、参っていた。誕生日に何が欲しい?というと、「ウォータースライド!」「ゴーグル!」という夏系の返事が返ってきた。ゴーグルはグラン(主人の母)に任せ、我が家は家庭用ウォータースライドをゲットした。空気を入れて膨らませるようになっていて、ホースをつなげると横から水が出てきて滑りやすいようになっているのだ。あいにくスロープがないので平たい地面で遊んでいるところ。写真で滑っているのはハンター。ハイディの誕生日に撮った。ここ2~3週間雨がとても多い。草が大変乾いて茶けてしまっていたので雨は大歓迎なのだが、寒い・・・真夏のはずなのに、最高気温13度とかいう日もあったりする。天気予報では、次の5日間毎日雨マークになっている。
[PR]
# by nzbee | 2009-02-26 20:05 | 日常

ほぼ9ヶ月です。

b0000233_18244310.jpg
去る5月に生まれたセリースは、もうすぐ9ヶ月になる。ハイハイも速くて、気をつけていないと何でも見つけて口の中に・・・昨日、オークランドに去年の末引っ越してしまった友人レイチェルがbib(あぶちゃん)を送ってくれたので新しいbibをつけて写真を撮ってみた。こちらは真夏だというのに、昨日は最高気温13度という肌寒さ!先週は35度を超える日も2日ほどあり暑かったのに、差が激しい。
[PR]
# by nzbee | 2009-02-14 18:31 | 子育て

ヤギな生活 animal

b0000233_17451220.jpg
子供の数が6人から7人になっただけ(!?)だというのに毎日が今までよりぐんと忙しくなった(というか、肉体労働の割合が増した)理由がある。ヤギ、だ。そう、羊ではなく、ヤギなのだ。上は、生後2週間経っていない頃の子ヤギ、ジーナの写真だ。去る9月に撮った。後ろにいるのはジーナのadopted mother、マーサ。マーサはザーネン種という代表的な乳用種で、ジーナはザーネン種とアルパイン種のハーフ。(どちらも原産はスイス)

乳用種なので、ただのペットとは一味違う。朝夕必ず乳絞りをしなくてはならない。この子達は9月初旬から飼い始め、今は全部で5頭に増えている。鶏も15羽飼っているので、牛乳と卵は買わずに済み助かっている。その分労働量は増えたけれど。運動にもなるので一石二鳥。ジムに通う必要もなし(笑)
[PR]
# by nzbee | 2009-02-10 18:10 | 日常