カテゴリ:人物紹介( 19 )

スミス家のヤギたち

b0000233_2041286.jpg
昨年9月生まれのジーナは早6ヶ月。もうこんなに大きくなっている。3年間ほどは成長し続けるらしい。一番人懐っこくてお茶目なジーナ。だいぶ前に乳離れさせたのに、まだまだ行動は赤ちゃんだ。隙があれば他のヤギの乳を吸おうとする。親かどうかは気にしないらしい(苦笑)
b0000233_2056143.jpg
左から、ポピー、ジーナ、フィービー、ヘレンだ。(マーサはジーナの乳離れのために別のエリアにいる)普段はみんな仲良くしているが、ヤギはけんかも多い。人間にはとても愛想がよいのだが、ヤギ同士では容赦なくけんかをする。herd animalであるヤギたちには、群れの中でのランク付けが大変大事なのだ。
[PR]
by nzbee | 2009-03-04 21:12 | 人物紹介

ナナの写真だよ~!

b0000233_1754017.jpg
5ヶ月ぶりに我が家を訪れている私の母と子供たち。今日は日本のお友達がこのページを見ることになっているそうで、「写真載せといてね!」と頼まれた(笑)
b0000233_1795877.jpg
掃除に洗濯に庭の手入れと、またもや毎日忙しくしている。座る暇もないほどだ(笑)

私は実は仕事の締め切りに追われて必死に作業をしている。(翻訳)

ということで、今夜はこの辺で。月曜日にはまた帰って来ます!
[PR]
by nzbee | 2005-04-30 17:20 | 人物紹介

漢字の名前

b0000233_1921817.jpg
我が家は子供5人とも、ファーストネームとミドルネームがあり、そのうちの一つは英語で通用するもの、もう一つは漢字で書ける名前になっている。

国際結婚家庭だと、英語と日本語の名前を両方使い分けている、というのもよく聞くが、うちでは名前二つのうち一つしか普段は使っていない。でも、大人になったらもしかしてもう一つの方を使い始めるかも?なんちゃって・・・

ファーストネームではなく、ミドルネームを好んで使っている人もいる。義母などは、自分のファーストネームが古臭い感じでいやだといい、子供の時からミドルネームしか使っていない。クレジットカードや各種口座名もそうで、唯一ファーストネームが入っているのはパスポートくらい。

大きくなってから自分の名前を替えてしまう人もたまにいる。私の知り合いは、ごく普通の名前だったが、親が再婚した時に、過去を捨てる気持ちでファーストネーム、ミドルネーム、ラストネームを全て一度に替えてしまった。まだ10代だったが親の理解もあり、名前(ファーストとミドル)は自分で決めたのだそうだ!

我が家の話に戻る。長男はケンだが、漢字は賢。彼は実はミドルネームも漢字で、光一(こういち)と書く。

長女のソフィアは、充代(みつよ)。次女はセイナ(聖凪)が漢字なので、ミドルネームはAnne-Marie(アン-マリー)。三女のハイディは理英(りえ)。

次男のハンターは勇二だったと思う(笑)子供の名前をちゃんと漢字で書いて提出したことがある書類は、日本領事館への出生届だけなので、親まで漢字を忘れそうになる(笑)

ちなみに日本の戸籍では、名前を一つしか書いてはいけないことになっているので、二つある場合はくっつけて記入する。たとえば、「賢光一」とか、「ソフィア充代」とかいう風に。でも、名前は名前なので、一応5人とも名前を二つずつ無理やりくっつけて登録した。

日本は重国籍を認めないので、将来的にはNZか日本を選ばなくてはならないのだが、(20歳まではいい。)それはまた別の話である・・・
[PR]
by nzbee | 2005-04-22 19:55 | 人物紹介

都会にはない何かがある?!

b0000233_20202364.jpg
今日は15年前にクライストチャーチに住んでいた日本の友人が遊びに来てくれた。都会で多忙な毎日を過ごす彼女にとって、15年ぶりのクライストチャーチは「旅行」ではなく「思い出の旅」だ。

芝生に寝転がって、青空を見つめていた。「毎年ここに来て、こういう風に真っ青な空を見上げるだけで、心の充電ができると思う!」

今日は実は彼女の誕生日だということを知る。ケーキはなかったが、ろうそく一本でバースデーソングを歌う(笑)

夜になって、天の川に見入った。「ねえ、南十字星ってどれ?」「・・・・」指差して教えてもらえればわかるのだが、自分から意識して探したことはない。「ごめ~ん。私はもぐりだからわからな~い!」

ニールに聞いてみた。彼まで肩をすくめていた。そうか、生粋のNZ人でも興味がなければわからないものなのか。今度ちゃんと調べてみなくては・・・・

「じゅんこちゃんのうちに来ただけで心が癒された。どうもありがとう!」と言って帰っていった友人。都会の生活に欠ける何かを、彼女はここで感じ取ったのだろう。
[PR]
by nzbee | 2005-04-06 20:51 | 人物紹介

お茶目なハイディ・・・

b0000233_183492.jpg
浮き輪付でスヤスヤ(笑)

ハイディ(4)はいつもなにかしらお茶目なことをしている。この時も、寝かしつけたときは普段と同じに寝たのに、約30分後にチェックしたら、寝る向きが変わっているだけでなく、浮き輪までしていた・・・・

先週は、タイツにノーシューズで外出してしまい、雨で地面が塗れていたので大変だった。(車に乗った時点で確認しなかった親が悪い?!)

先々週は、スイミング用キャップ(水着と同じ生地でピタッとするやつ)を外出先で私が知らないうちにかぶっていた。それもワンピース姿で・・・・(ポケットにでもいれてあったのだろう。)

この間は、ピアノの先生の足元でブーッと大きなお〇らをしてしまい、笑われた。

何でも、「ハイディだから」で済んでしまう明るくひょうきんな子なのだ・・・・
[PR]
by nzbee | 2005-04-01 18:22 | 人物紹介

Swedish girls making sushi!

b0000233_18334243.jpg
スウェーデンからのお客様。イーダとエマちゃん。エマちゃんはスェーデンで育ったが、お父さんはキウィ。NZには二人でエマちゃんのおばあちゃんを訪ねて長期旅行で来た。「寿司作りを習いたい」というので、私が登場したわけだ。2人ともとても楽しそうに巻き巻きしていた。

この2人は昨年末から旅行している。クリスマスはタイで過ごし、25日はビーチでくつろいでいたそうだ。(プーケットからそう遠くないところ。地名は忘れた。)そしてあの運命の12月26日朝、2人はそのビーチリゾートを離れた!二人が滞在していた場所は津波による大被害が出た所の一つだった。2人はオーストラリア行きの飛行機に乗り込んだ後で、津波のことはオーストラリアに着くまで知らなかったという。

明日から日本とNZの時差が3時間に縮まる。(こっちが3時間早い。)今夜の午前2時から3時の間が2時間になるのだ。10月からの夏時間が終わって、普通時間に戻るのである。私たちは1時間得をすることになる(笑)そ、そういえば!今思い出したが、ホームページで写真日記を書き出してちょうど明日で一年になる。7月にエキサイトに移ってきたが、その前はごく素朴な「日記ホームページ」だった。一年以上続くなんて、私にとっては快挙だ。(カスピ海ヨーグルトは2年以上続いてるけど。)

スウェーデンでは、11月末から2月まで全く日が昇らないという。外が真っ暗のまま起きて、昼も真っ暗で、夜ももちろん真っ暗だ!それが何週間も(何ヶ月も)続くなんて想像しがたい。スウェーデンの夏は短い。すぐにまた寒くなってしまうから、できるだけ屋外ですごす時間を多くとるのだという。食事も外でしたり。

2人とも英語がとっても上手で驚いた。聞くと、スウェーデンでは、テレビも、流行の音楽も、映画もみ~んな英語で(サブタイトル付)幼い時から英語はよく耳にするらしい。「英語」という科目は10歳まで始まらないらしいが、皆それ以前に英語の音に慣れ親しんでいるのだ。ところで、エマちゃんのようにハーフの子は、片親の母国語を7歳の時から学ぶ時間が学校で余分に与えられるのだそうだ。大変いいシステム。

実は2人ともフランス語も10歳から学んだらしいが、英語と違ってぜんぜん身につかなかったらしい。イーダちゃんはフランスにも滞在したことがあるそうだが、フランス語はさっぱりだったそうだ。ところで、フランス国内では、ラジオで流す音楽でさえ、90だったか95%だったか忘れたが、フランス語で歌われている歌でないといけないそうだ。イーダちゃんは旅の途中も度々フランス人と会っているが、どの人も英語がうまくない。皆、フランスにおける英語教育はなっていないと嘆いていたという。

言葉を耳で慣れて覚えるというのは大切なことなんだなあと、改めて感じさせられた。
[PR]
by nzbee | 2005-03-19 19:20 | 人物紹介

しばらく見ないうちに大きくなって・・・

b0000233_1941451.jpg
甥っ子のベンジャミン(12)。私の背はもうとっくの昔に追い越されている。この子の9歳の妹にも追い抜かれている(笑)私が148cmしかないからなのだけれど・・・

ベンジャミンの家族は夏休み中一家でずっと北島旅行(テント持参で!)していたので、会ったのは数ヶ月ぶりだった。プールで待ち合わせだったので、私たち一家が到着する前にベンジャミンたちはもう一泳ぎしていた。

「おお、ベンジャミン、久しぶり!しばらく見ないうちにますます大きくなって。髪の色もそんなに濃くなって!おばちゃんびっくりよ!」ベンジャミンはにやっと笑ったのみ・・・

白人は特に、小さいときは金髪でも、大人になるにしたがってだんだん髪の毛が暗い色になってゆく場合が多い。ベンジャミンも例外ではなかった。幼い時は透き通るような金髪だったのに。髪の毛が濡れていると余計に暗い色に見えるものだ。

その後、パシャパシャとみんなの写真を撮りまくり、上の写真も撮った。後になってお義母さんと話をしたときに私はこう言った。「ベンジャミンも随分成長して、髪の色ももうあんなに濃くなっちゃいましたね。」「何ボケたことゆうてんねん!染めたに決まってるやろ!」「えぇ~!!!」

なんでも、学校の友達も染めているからと、親が渋るのを押し通して黒く染めてしまったのだという。冷静に考えてみれば、去年彼はまだ金髪だった。数ヶ月でそれが真っ黒になってしまうはずがないのだ!髪が濡れていたからわかりにくかったのもあるが・・・

まだ「ティーンネージャー」にもならない子が髪を染めたくなる気持ちもわからなくはないが、とにかくびっくりした。

そうか、日本の子が茶髪や金髪にあこがれるように、金髪の子は黒髪にあこがれるのか・・・

ニールに話したら、爆笑された。「(染めたことにも)気づかないのは、なんともお前らしい」と。


関係ないが、誰かOutlookのメール保存の仕方を知っていたら教えてほしい。「連絡先」はエクセルにエキスポートして保存できたが、肝心のメールはどう保存できるのかわからないのだ。
[PR]
by nzbee | 2005-02-25 20:28 | 人物紹介

「本当の財産は子供たちなんだよ。」

b0000233_1753018.jpg
クリスマスイブには前の家のお隣さんだったおじいちゃんとおばあちゃんが訪問してくれたが、今回は反対側のお隣だったおじいさんが立ち寄ってくれた。子供たちは庭からラズベリーをそれぞれ摘んできてプレゼントしていた(笑)

Mr.マコーンは2年程前に奥さんに先立たれてしまった。パーキンソン病だった奥さんを十数年看病した末の事で、仲も大変良かっただけに、当初は悲しみのどん底だった。「最近になって、やっと立ち直ってきたよ。」と言っていた。

85歳を過ぎ、曾孫も数人いる。孫達の話題になった。ある孫夫婦は子供をつくらなくて、二人とも高収入の職業についているため大変優雅な暮らしで、もう一人の孫は普通の仕事で、結婚して小さな子供が3人いるため奥さんも働けず、経済的にはかなり苦しいそうだ。

Mr.マコーンは常々後者の孫に言うそうだ。(私達にも。)「銀行の残高が財産なんじゃない。人間、本当の財産は子供たちなんだよ。真にリッチなのはあんたらだ。年を取ればわかるよ。」

今も一人暮らしで、家事や庭仕事は全てこなす。Mr.マコーンの元気の秘訣はボランティア精神だと思う。大工仕事はお手の物で、自分が通う教会の新しい会堂完成のため、毎日のようにはしごに登り仕事に励んでいる。

額を指差して言った。「メラノーマを切り取って、皮膚移植をしてもらったばかりなんだ。」
揺るがぬ信仰を持つMr.マコーンに、死への恐れは全く無い。でも、いつまでも元気でいて欲しいものだ。
[PR]
by nzbee | 2005-01-17 18:33 | 人物紹介

NZ生活に夢を膨らませ・・・

b0000233_21524247.jpg
今夜は久しぶりに友人が泊まっている。

人との「出会い」は大切だ。長男ケンがまだ赤ん坊の時に高知県土佐清水市の病院にアトピー治療に行ったことがある。その時民宿で相部屋になった京子さんと、今もお付き合いしている。

その京子さんの紹介で知り合ったゆみ子さん。はじめてワーキングホリデービザでNZに来たのは5年ほど前(?!)だったと思うが、縁があり、最初の晩は我が家で過ごしてもらった。

初めての地での緊張や不安はあっただろうが、何よりもこれからのNZの生活に夢を膨らませ目を輝かせていた。

英語も学び、旅もし、ボランティアもし、ラグビーも楽しみ、寿司屋やワーホリセンターでも働いた。NZに魅せられ、永住権も取った。

現在、これから日本で生活するか、NZで生活するか迷っているところ。前向きな人なので、どっちにしても道は開かれていくだろうと思う。
b0000233_22372950.jpg
僕もいるよ~、忘れないでぇ!(By Hunter)
[PR]
by nzbee | 2004-12-17 22:40 | 人物紹介

晴れの姿

b0000233_191158.jpg
昨夜雨が降ったのでちょっと心配だったけれど、今日は快晴でほっ・・・。

やっとレイチェルの晴れ姿を見ることができた。思ったとおりゴージャス!披露宴も、彼女のお父さんが自ら司会を務めるなど、形式にとらわれない面白いものだった。

先週の木曜日から4日続けてクライストチャーチに行かなければならなかった。(合計で500キロ位車で走ったことになる。)慣れないママにはちょっときつい。

明日はまた月曜日なので、今夜はこのくらいで切り上げておこう。朝が辛いもので。(みんなそうよね・・・)
[PR]
by nzbee | 2004-11-28 19:15 | 人物紹介