<   2005年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

人気のクリケット

b0000233_1720624.jpg
日本だとこれが草野球なんだろうが、こちらでは断然このクリケットが人気。英国系のスポーツだ。国際試合とかだと、一ゲームに3日もかかったりするらしい。私もルールなんか全然知らないのだけれど、子供でも楽しんでるから簡単なのかしら?

結局あまり夏らしくないまま夏が終わってしまったようだ。数日前に新聞によると、公式には先週が夏最後の週だったらしい(?)夏時間は3月第3日曜日まで続く。その日以降は、再び日本との時差は3時間(NZが早い)に縮まる。

いろいろあって、猫の手も借りたいほど忙しいのだが、コンピューターの調子も悪くさらに大変。このブログも来週末あたりまで3日坊主になりそうだ。でも、幸いなことに子供たちもみんな元気でうれしい。今日は久しぶりの雨で急にぐっと寒くなったので、風邪を引かぬよう気をつけねば。

今年は東京も雪が多い(?)ようで、寒そうですね。皆さんも、身体にはお気をつけて。さらば! 
[PR]
by nzbee | 2005-02-28 17:38 | ニュージーランド文化

しばらく見ないうちに大きくなって・・・

b0000233_1941451.jpg
甥っ子のベンジャミン(12)。私の背はもうとっくの昔に追い越されている。この子の9歳の妹にも追い抜かれている(笑)私が148cmしかないからなのだけれど・・・

ベンジャミンの家族は夏休み中一家でずっと北島旅行(テント持参で!)していたので、会ったのは数ヶ月ぶりだった。プールで待ち合わせだったので、私たち一家が到着する前にベンジャミンたちはもう一泳ぎしていた。

「おお、ベンジャミン、久しぶり!しばらく見ないうちにますます大きくなって。髪の色もそんなに濃くなって!おばちゃんびっくりよ!」ベンジャミンはにやっと笑ったのみ・・・

白人は特に、小さいときは金髪でも、大人になるにしたがってだんだん髪の毛が暗い色になってゆく場合が多い。ベンジャミンも例外ではなかった。幼い時は透き通るような金髪だったのに。髪の毛が濡れていると余計に暗い色に見えるものだ。

その後、パシャパシャとみんなの写真を撮りまくり、上の写真も撮った。後になってお義母さんと話をしたときに私はこう言った。「ベンジャミンも随分成長して、髪の色ももうあんなに濃くなっちゃいましたね。」「何ボケたことゆうてんねん!染めたに決まってるやろ!」「えぇ~!!!」

なんでも、学校の友達も染めているからと、親が渋るのを押し通して黒く染めてしまったのだという。冷静に考えてみれば、去年彼はまだ金髪だった。数ヶ月でそれが真っ黒になってしまうはずがないのだ!髪が濡れていたからわかりにくかったのもあるが・・・

まだ「ティーンネージャー」にもならない子が髪を染めたくなる気持ちもわからなくはないが、とにかくびっくりした。

そうか、日本の子が茶髪や金髪にあこがれるように、金髪の子は黒髪にあこがれるのか・・・

ニールに話したら、爆笑された。「(染めたことにも)気づかないのは、なんともお前らしい」と。


関係ないが、誰かOutlookのメール保存の仕方を知っていたら教えてほしい。「連絡先」はエクセルにエキスポートして保存できたが、肝心のメールはどう保存できるのかわからないのだ。
[PR]
by nzbee | 2005-02-25 20:28 | 人物紹介

まだ言ってる・・・

b0000233_2054773.jpg
このプール、甥っ子と姪っ子たちが通う私立校のプールなのだが、この時は調度他に誰もいなくて、(ライフガードは一人常駐)ほとんど貸切状態。写真に写っているのは皆親戚だったりする。
b0000233_2010624.jpg
プールの外観はこんな感じ。ひっそりとした敷地の一角に建っている。

デスクトップコンピューターの話に戻るが、結局4つもウイルスが入っていたそうだ!最初のお店でセキュリティーソフトの再インストールをしてくれなかったので、自分で登録をしようとしてインターネットにつなげた時点で次々とウイルスが入ってきてしまったらしい。今度はそっちの方(セキュリティソフト)は全てやむを得ず2件目のお店でやってもらったが、一昨日の$114ドルに加えてまたもや$200の出費となってしまった(涙)

教訓1: コンピューターの修理は、信頼の置ける、できれば個人で経営しているお店に頼むのが一番。評判を大事にするので、丁寧に扱ってくれる。

教訓2: 延長保証は金の無駄。500ドルも払ったが、ハードとマザーボードを両方取り替えたとしても、$300程度で済むそう。保証にはウイルスやソフトによるトラブルは含まれない。
(何でもソフトのせいにされる。)

もちろん、日本ではこんな不条理はまかり通らないでしょう・・・
[PR]
by nzbee | 2005-02-22 20:31 | コンピューター

It indeed was too good to be true...

b0000233_18593643.jpg
いろいろと「浮くもの」を持ってご機嫌のハンター(2)。

昨夜デスクトップの方のPCを使ったら、案の定、ウイルスに感染・・・bloodhoundとか言う恐ろしい名前。

昨日も書いたが、2週間以上も修理にかかって、結局帰ってきた時には何のことはない購入時の工場設定にリセットされていただけだった。お店から「データをバックアップしますか?」という電話がかかってきて「はい、お願いします。」と答えたにもかかわらず、今まで(2年半分)のデータは全てパーパーパー・・・・!

修理前はちゃんとノー〇ンが入っていたので、インストールし直してくれればいいのに、何のプロテクションもなしで帰ってきた。早速すぐにノー〇ンの登録を済ませていた途中に、すでにシャットダウンしてしまったのだ!(ニールは、店でウイルス貰って帰ってきたんじゃないか?と言っていた。シャレにもならないが・・・)

ノー〇ンの更新を2回もし、完全スキャンもしたが、なんと異常なしという結果が出た!マイクロソフトの悪質ビールス・リムーバル・ツールもダウンロードしてスキャンしたが、「異常なし」だった。しかし、その矢先にノー〇ンの警告メッセージが!「このコンピューターは、ウイルスに感染しています。」「・・・・・・・・・・!!!!!」それも、「ノー〇ンは、修復できません。」だって!!

ただあきれ返るばかりなのであった・・・仕様がないので、今度は別の所に修理に持って行った。今日持っていって、明日までに直してくれるそうだ。最初からそっちに持っていけばよかったと思うが、私達はそのデスクトップPCを購入の際に、「5年間完全延長保証」というものを高いお金を出して買っていたので、購入店に持って行ったのだ。

5年間も保証があれば、その間ずっとコンピューターの修理代がかからない!な~んて考えた私達がナイーブ過ぎたのである。最初からコンピューターの調子がわるかった。何もしていないのに、エラーメッセージが出たりしてしまうのである。修理に出しても、どこも悪くない、と言って何もしてくれない。帰ってくるなり、またもやエラーメッセージ・・・

今回も、絶対にハードウェアの欠陥だと思うのだが、結局インストール済みのソフトのせいにされてしまい、(具体的な話はゼロ)$100ドル以上も修理代に取られた。(エラーメッセージは相変わらずそのまま。)それでこのウイルスだから、なんとも参った。大型店舗は、修理に出しても責任転嫁、たらい回しばっかりだ。もう絶対に〇〇店からコンピューターは購入しないと心に誓ったパパとママであった・・・

肝心の「5年間完全保証」の元は、全然取れていない。購入時に、「too good to be true」(話がうますぎる)と思ったのは、やはりそうだったのだ(笑)

セキュリーティーソフトだが、トレンドマイクロのウイルスバスターの評判がかなりいいので、そっちに切り替えようかと考えている。

ノート型PCの方はと言えば、今にも離陸しそうな音を出しながら、まだ頑張っている。日本語OSなので、なかなか修理にも出しにくい。
[PR]
by nzbee | 2005-02-21 19:51 | コンピューター

コンピュータートラブル・・・

b0000233_208834.jpg
今日は久しぶりにプールへ泳ぎに行った。写真はセイナ。

打ちのめされたママ。愛用のノート型パソコンが瀕死の状態。実は我が家の学習用デスクトップの方も壊れて修理に出し、昨日戻ってきたばかり。(修理に2週間以上もかかった。NZでは普通だけど・・・)

ノート型の方が使えない状態だったので、早速デスクトップを立ち上げると、もう2年半も使っているというのに、全て初期設定に戻されているではないか(涙)気を取り直してインターネット登録やノートンの登録をやり直していた矢先に、またもやエラーメッセージが!ウイルス感染の可能性?!修理に出してから初めて立ち上げて数分しか経っていないのに??

そしてさっきこのブログを書いていた時も、半分以上書き上げていたのに、一瞬にして書いたものが消えてしまった!そんな事、初めてじゃあないけれど、こういうことって、一回あると次々と重なるものだ。辛抱、そして笑顔の世界だ・・・(笑)

今夜はやっとの思いでコンピュータをだましだまししてこのブログも書き込めているが、来週はどうなるかわからない。(明日はとりあえず日曜日なので休ませていただく。)ママとPCは切っても切れない中になっているのでちょっと困っている。一瞬、マックにすればトラブルがなくなるかも?!という思いが頭をよぎったのだが、マックについては面識がないので右も左もわからない・・・
[PR]
by nzbee | 2005-02-19 20:31 | コンピューター

これは何でしょう?

b0000233_18422621.jpg
ソーちゃん(7)が夕飯の支度をしていた。キッチンに入ると、こ、こんなものがカウンターの上に。なぜかにんじんは切る前に水につけてあるし(笑)この円盤状の物体は??

「ソーちゃん、これなあに?」「あ、それ、たまねぎ切ったやつ。目が痛くならないように蓋をしたの。」ふふふ。微笑みのひと時・・・
[PR]
by nzbee | 2005-02-16 18:50 | 子育て

ナウい寿司・・・

b0000233_19364498.jpg
キウィの友人が心を込めて作ってくれた「sushi」。寿司酢の代わりにレッドワインビネガー使用。にんにくとアボカドのサラダドレッシングやトマトも入って、とってもエキゾチックな味(笑)で不思議においしかった。日本でも、今や最先端のお店に行くとこういう寿司が出てくるのかもしれない?!にんにく味、とか・・・
[PR]
by nzbee | 2005-02-15 19:45 | 日常

I love you xxx

b0000233_19565591.jpg
今日でハイディは晴れて4歳になった。写真はソーちゃんがハイディに送ったカード。

「Happy Birthday Heidi I love you」と書いてある。今日はバレンタインデーなので思い出したが、こちらでは「I love you」という言葉は恋人同士に限られない。兄弟間はもちろん、親子、おじいちゃんおばあちゃん、夫婦間でも非常に頻繁に使われる。

キスもそうだ。「おやすみのキス」はもちろん、兄弟喧嘩のあと謝る方が謝られる方のほっぺたにチュッとキスをして反省の念を表したりもする。公共で赤ちゃんの顔にキスしまくる親がいても、誰もなんとも思わない。

我が家の本棚にある「マナーの本」(ちょっと古い)には、こんな事が書いてある。
Q:道端で夫が妻にキスする時、雨天の場合、夫は帽子を脱がなくてはならないか。
A:挨拶として道端で夫が妻にキスする場合は、天候にかかわらず、夫は必ず帽子を脱がなければならない。 

一昔前は、一人前の男性が外出する時には必ず帽子をかぶったという。ニールは子供のときによく帽子をかぶり忘れて父親に注意されたのを憶えている。今でも、おじいさん方を見ると、なるほど、皆ちゃんと帽子をかぶって外出している。そういえば、数年前に亡くなった横浜のおじいちゃん(母方の祖父)もそうだったなあ。

カードや手紙にサインする時、XXXとかOOOとか書くが、Xはキス、Oは抱擁を意味する。こんなところにも「キス文化」が現れている(笑)
[PR]
by nzbee | 2005-02-14 20:46 | ニュージーランド文化

Happy Birthday, Heidi!

b0000233_20303053.jpg
第四子のハイディ(ハイジの英語発音)は月曜日のバレンタインデーに4歳になる。日曜も月曜も忙しいので、今夜(土曜日)にバースデーパーティーをした。パーティーと言っても、今回は家族だけでひっそり(?!)と。

パパが手に持ったろうそくをハイディが吹き消そうとしているのには実はわけがある(汗)バスデーケーキの代わりにアップルパイにしたのだが、こちらではパイはオーブンから出したばかりの熱々にアイスクリームをのせて食べるのが普通の食べ方。熱々のパイにろうそく4本をさしたら、瞬く間にロウが溶けてしまったのである!

そこで急遽パパのアイデアで、写真のような状態になったのだ(笑)こ~んなんでもバースデーソングを歌ったらハイディはご機嫌。
b0000233_204682.jpg
プレゼントを貰ってさらにご機嫌。このサングラスはラムネ菓子のおまけ。おととい寄ってくれた釣り吉イシさんの差し入れだ。日本のお菓子は、お菓子自体がおまけなんじゃないかというほどにおまけが発達していてすごい。大人まで、おまけ欲しさに買ってしまうと聞いたことがあるが、なるほど、十分に信じられる(笑)

そういえば、「ラムネ」はこちらでは見た事がない。どこで発明されたお菓子なのだろう?

話は変わるが、ハイディは2月14日0時10分生まれ。この子も私達のベッドルームで生んだ。夜11時過ぎに時計を見たのを思い出す。第3子セイナの出産は8時間半位かかったので、この時も、どうせまだまだ時間がかかるだろう、確実にバレンタインデーに生まれるな、と思った。

ところが、助産婦も驚く早さ(私にしては)で子宮腔が開き、息み状態になった。「こ。このままでは今日のうちに生まれてしまう!(なんとなく、バレンタインデーの誕生日はかっこいいかも、と思っていた。)でも、そんな事を心配してるバヤイではな~い!こっちは痛いんだ!どうでもいいから早く出てきてくれ~!!」

無事に水中出産。(お産用プールを借りてあった。)ほっとして頭を上げると、時計はすでに午前零時をまわっていた・・・
[PR]
by nzbee | 2005-02-12 20:54 | 我が家のニュース

You can jump!

b0000233_19184877.jpg
正月休みで休暇を過ごした家にあったジャンプ用マットレスからアイデアを得て我が家のリビングに置いたマットレス。使わないで置いてあった古いマットレス2枚を重ねただけだが、大人気はいまだに続いている。こ~んな行列ができたりもする(笑)ちなみに、スプリングの入ったマットレスでないと弾まない。

子供は毎日エネルギーがあり余っているようだ。本で読んだ事があるが、幼児の運動量はすごいそうだ。なるほど、2歳児の一日を観察し、大人もそれと同じ行動をしようとしたらかなりの重労働だ!大きな椅子に登ったり降りたり、走ったり、ジャンプしたり、とにかくあまり一つの場所に留まらないで動き回っている。

ハンターはまだ午後に昼寝をしてくれるからいいけど、そうじゃなかったらママ、クタクタよ!(すでにそうか・・・)
[PR]
by nzbee | 2005-02-11 19:42 | 子育て