<   2005年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

韓国料理の悲劇・・・注意: 食事前には読まないでください。

b0000233_3135382.jpg
この間、ママ(私)の誕生日だった。なんと、その少し前に友人から電話が。「〇日は子守してあげるから、ニールと2人で出かけてきなさいよ。」というありがたい内容だった。「ほ、ほんとにぃ?!ちょうど私の誕生日に近いわ!」 ということで、5月に続き、またもや「2人でディナー」という普段はかなりまれな機会に恵まれた私たちであった・・・写真は、「羊のキャンドル」でママの誕生日を祝う子供たち。

よく、タイ料理、韓国料理、インド料理のどこどこがおいしかった、とか聞くけれど、実は一度もこういうオリエンタルな所に食べに行ったことがなかったママ。ここぞとばかりに、韓国料理を選んだ。

うきうきで出かけた私たち。すみさんが教えてくれた韓国レストランに入った。「やきにく食べ放題」のところだと聞いていたのだが、ちょっと違うようだった。お客さんはほとんどアジア系。周りは韓国語だらけで、ぽつぽつと「へんな英語」でメニューが書かれていた。

幸い写真付のメニューがあったので、「やきにく」らしきものを選んだが、実は「すきやき」にちかいものだった。テーブルの上でおいしそうなにおいがしてきた。ガスコンロで「すきやき」が煮えているのだ。その間、5皿くらい赤いものがのったお皿が運ばれてきた。

ひとつはまぎれもなくキムチ。あとは、たくあんを唐辛子につけたようなものや、とにかくすべて「辛いもの」が並んだ。我が家は、普通のキウィ家庭のごとく、「辛いもの苦手」家庭だ。カレーはもちろん一番の甘口、少しでも辛いカレー粉を入れたら、「口から火が出る」とか文句が出る。そんなこんなで、日本にいた当時はお兄ちゃん好みの辛いカレーくらいは我慢して食べていたが、それ以来辛いものから遠ざかっていたのだ。

キムチは昔から食べつけない。でも、「身体にいいって聞くし、みんな食べてるし、私もキムチくらい食べれるようにならなきゃ!」という思考回路で、早速挑戦。「〇〇XX!!」かなり辛い。でも、こんなところでひるんでいてはいけない。ほら、周りを見たら、みんなへっちゃらで食べてるし・・・

ニールは、「hot!」といいながら、ほどほどにつまんでいた。「すきやき」は結構おいしくて満足。きれいに2人で食べつくした。おなかが一杯だったが、まだ目の前の皿には「赤いもの」が並んでいる。ママは、ママ歴が長くなればなるほど「ママ病」が重症になる。それは、「残す=もったいない」という単純な式である。

ニールがトイレに行っている間に、「いいや、もったいないから全部食べちゃえ~!」という結論に達し、そのまま超特急で「赤いもの」を平らげた・・・「あれ?!これ、食べたの?」「そうよ、だってもったいないじゃない。せっかく韓国料理食べに来たんだから。」「・・・・・・」

2人とも満腹だったが、そのまま帰るのはもったいないので、とりあえず店を出て、デザートを食べる所を探した。日本とは違う。土曜日の夜といえども、6時にはショッピングモールも全て閉店してしまう。アンナミラーズみたいな気の利いたところはない。

スターバックスに一度も入ったことがないので入りたかったが、激しい音楽がガンガンかかっているのでリラックスできそうにない。結局その隣のMr. Whippy(アイスクリームスタンド)でWhippy Whopper Waffle(ウィッピーウォッパーウォフー)という早口言葉のような巨大ソフトクリームを買いベンチに座る・・・

あんまり遅くなっても友人夫婦(そう、夫婦で来た。)に悪いので、10時半頃には帰宅した。お茶を飲んでおしゃべり後、彼らは帰途に着く。ニールはさっさと寝たが、私は月曜日に締め切りの仕事があったので机に向かった。でも、どうも様子がおかしい。集中できない。疲れているのか?

だんだんお腹が痛くなってきた。いけない。食べ過ぎかしら?しばらくソファーで横になるが、我慢できなくなってきた。トイレに駆け込み、冷や汗ものの、壮絶な戦いが明け方まで繰り広げられたのである・・・

普段お腹をこわした時は、何回かトイレに行けば(出るものが出てしまえば)痛みも収まるものだ。しかし、翌日も痛みが続く。ちょっとやそっとの痛みではない。思わず、「出産教室」で学んだ呼吸法を使ってしまったくらいだ(笑)痛みを少しでも和らげるため、Wheat bagをお腹にあてて活用した。(いわゆる湯たんぽの代わりで、布の袋に麦をいれたものを暖めて使う。寒い時期はほとんど毎日使っている。)

一日中苦しんだ。下痢のような痛みが我慢できなくなるたびにトイレに駆け込むのだが、出てくるのは「血のかたまり」のみ・・・お腹がすくので午後には少しお茶を飲んだりしたが、それも上から出てきてしまった。いったい、この痛みは治まるのだろうか・・・病院にいっても、原因が原因なのでしゃれにもならないし・・・

歩くのや座るのさえ苦痛だったが、翌日には締め切りが待っている・・・その日はさっさと寝て、夜12時に起きて、朝まで仕事。「気力」以外のなにものでもない。その夜、やっと韓国料理騒動以来初めての「食事」をすることができた。出血も夜には治まった。

「思い出の誕生日」になってしまったが、「なにごとも、ほどほどに」という意味がやっとわかった。ほら、そういう歌があったじゃない、昔。テレビで孫悟空の役してた人が歌ってた。(名前が思い出せないけど。)
b0000233_4264493.jpg
気を取り直して、きれいな景色でも。我が家の前の道から撮ったが、山には現在更に雪が積もっている。
[PR]
by nzbee | 2005-06-27 04:35 | 我が家のニュース

空軍博物館

b0000233_20415883.jpg
ここはクライストチャーチ市内にある空軍博物館敷地内。写真に写っているのはハイディ。後ろの方に丘が見えるだろうか。クライストチャーチはオークランドやウェリントンとは違い、いたって平坦な地にある。街の南端に写真の丘があるので、遠くからもよく見え、方角を間違えることはない。
b0000233_20502720.jpg
先月紹介した「乗り物と科学の博物館」とは入場料はあまり変わらないものの、打って変わってハイテクである。さすがNZ政府のバックアップがあると違う。政府といえば、今NZのヘレン・クラーク首相が日本を訪問している。数日前に母に聞いて初めて知ったのだが(笑)

話は変わるが、長男のケンと2人で帰国してからちょうど一年になる。去年の6月、6年ぶり実質8日間の日本帰国を果たしたのだ。短かったが、友人や親戚にも会うことができ、有意義な時を持てた。下の4人の子供たちは日本を知らない。いくら写真で見たり話に聞いても、やはり実際にその地を歩いてみないとその国のことはわからないものだ。

いつか家族みんなで日本へ行ける日が来るだろうか?ケンが言う。「僕が15歳になったらみんなで行こうよ!」ふ、6年後だ。ニール(主人)がソーちゃん(長女)に言う。「期待しちゃだめだよ。大人になるまで行けないかも知れないんだから。」それもそうだ。家族7人の海外旅行なんて、考えただけでも大変過ぎる・・・
[PR]
by nzbee | 2005-06-09 21:17 | ニュージーランド文化

結婚10周年ディナーの場所・・・

b0000233_12592220.jpg
こ、この怪しい写真は?!ここは、何を隠そう、私とニールが「結婚十周年記念」のディナーを食べに行ったチャイニーズレストランである!

記念日は去る2月だったが、子連れじゃあ食べに行ってもリラックスもできない、ということで、日本の母がいるうちに夫婦2人だけで食べに行った次第。ここを選んだのは、予算が限られているからだけじゃあないのだ。(もちろんそれも理由の一つだが・・・)

ここは私たちが行った大学のまん前にあるのだが、ビンボー学生だった私たちは一度も行ったことがなかったのだ!卒業してからも、いろんなひとから、「あそこ、おいしいよ。」と聞いていて、前から目をつけていたのである。(気が遠くなるような年月が過ぎたが・・・)

実は、第一候補の店があったのだが、(そこも初めて。)車を止めようと思ったら、あまりにもみすぼらしい店で、レストランと言うよりはテイクアウトの店だったので、急遽予定を変えたのだ。(いくら予算がないと言っても、テイクアウト風はちょっとね。)

写真の店も、テイクアウトもしているが、立派なレストランもついているのだ。入り口のところで、破れた椅子に座ってテーブルの上で丸ごとキャベツを刻んでいたおねーさんがいてちょっとびっくりしたが、気を取り直して席に着く。そう、見かけよりも味で勝負なのだ!

結果は、花丸だった。やはり、NZで今まで食べた「脂っこい中華」の中ではぴか一の味だった!中でも気に入ったのが、「酢豚」ならぬ、「酢チキン」だった。

どこに行っても、まず第一にチェックすることは、子連れでもOKな場所か、ということである。1人や2人ではない。5人いるのだから、かしこまった場所はまず無理である。この店だったら、今度子供たちと来ても大丈夫、と確信を持ったママなのであった・・・

ところで、ハンバーグの隠し味の話だが、答えは「味噌」。結構思い切った量を適当にガバッと混ぜ込んでしまうそうである。わかっていた人はすごい。Guessしてくれた人は、どうもありがとう!

相変わらず仕事が山になっているので今週もまた後半までここを更新できそうにない。あきらめずに来てくれている方々に感謝!
[PR]
by nzbee | 2005-06-05 13:32 | 我が家のニュース

おいしいハンバーグ

b0000233_17114893.jpg
写真はナナ(私の母)とハンバーグを作っている子供たち。私の子供の頃の大好物の一つは、このハンバーグだった。私の一番上の兄も、実家に帰るとおかずにこれをリクエストするらしい。
b0000233_171738100.jpg
めいめいに好きな形を作っていた。これは熊だったか犬だったか??皆楽しんでもりもり食べていた。この時初めて、母のハンバーグの「隠し味」を知った。はっきり言って驚いた。そ、そんなものがハンバーグに入っていたなんて!ちょっと大げさかも知れないが、当てられるひとがいたらすごい。答えは次回に(笑)

先週から5件もたてつづけに翻訳の仕事が入ってしまい、一分一秒を争うごとくせっせと必死に働いていたのでここにも来れない状態が続いた。仕事がちゃんとできるのは夜か早朝に限られているので、「両立」はちょっと無理だとあきらめた次第。頻繁にチェックしてくれている方がいたらごめんなさい。
[PR]
by nzbee | 2005-06-01 17:40 | 日常