<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Goodbye, Henry!

b0000233_20113351.jpg
花粉症の季節も始まり、春真っ盛りのNZ。まわりのファームではあちこちでかわいらしい子羊が飛び跳ねている。去年にならって、今年もお隣のファームから生まれたばかり(1~3日位)の子羊を3頭貰った。親から引き離すわけではない。双子や三つ子で、親に見捨てられているか、親が何らかの理由で育てられない子羊を貰うのだ。「新生児」なので、粉ミルクを作り、温めてから授乳だ。子供たちは目を輝かせ、多少興奮気味に昨夜今シーズンはじめての授乳に挑戦。
b0000233_20215138.jpg
一頭、ほとんど何も飲まなかった羊がいた。ケンが「ヘンリー」と命名したばかりの雄羊。そういえば、到着時から全然元気がなかった。じっとうずくまるばかりで。

一晩経った今朝、さらに衰弱した様子で、ぶるぶる振るえ、もう頭も上げられない状態だった。私たちは湯たんぽだのバスタオルだので暖かくしてあげて、少しでもミルクを飲んでくれないかとトライしてみる。もちろんプロポリスも与えた。

しばらくして、私がチェックしに行った。まだ息があってホッとしたが、ぐったりとしている。身体はあたたかい。少しでも飲んでくれれば元気が出てくるだろうにと、頭を支えてあげて少しだけミルクを飲ませた。ちょっとでも飲み込んでいるようなので、とりあえず安心、と思ったのもつかの間。

急にあくびのような仕草をしたと思ったら、くたっと息絶えてしまった!あまりの突然な出来事に、私はしばらく信じられなかった。もしかしたら、気を失っているだけなのかもしれないと思ったりした。でも、ヘンリーの小さな目はもう2度と開かなかった。

こういうことは、大ファームでは日常茶飯事だ。何千頭もいるのだから、毎日必ずと言っていいほど子羊が息絶える。我が家の前の道を、毎日そういう子羊を山積みにして載せたトラックが過ぎていく。でも、昨日お隣さんが、「もし死んじゃったのがいたらまたすぐあげるからね。」と言ってくれた時には、まさかそんなことになるとは夢にも思わなかった。

ケンがかわいそう。「ケンのヘンリー」だったから。でもまだ、来たばかりで情が移っていなかったからその点はましだった。もっとちゃんと写真を撮っておけばよかったが、上の写真が唯一のヘンリーの写真。(昨夜パパが撮った。)
b0000233_20481573.jpg
残った2頭は、昨日今朝とあまり元気がなかったが、お昼になってやっとミルクも一羊前飲み、午後は子供たちと遊んだ。新しい環境に慣れてくれたようだ。でも、最初の一週間は油断できない。人間の赤ちゃんも、最初の数週間は大変だものね。
b0000233_20541170.jpg
ソーちゃん(7)とジェームス。ジェームスが一番身体も大きくて元気そうだ。ちなみにセイナの羊はエナというちっちゃな雌羊。2頭とも、去年のサムとベスのようにすくすくと育ってくれればいいのだが・・・
[PR]
by nzbee | 2005-08-30 20:56 | ニュージーランド文化

"Look, Mama! My tooth came out!!"

b0000233_1725255.jpg
初めて乳歯が抜けて、嬉しくてやや興奮状態のセイナ(6)。数日前から、「ママ、この歯引っ張って抜いて!ねえ!」とねだられていたのだが、わたしはどうも勇気がなくって、というか、自然に抜けるのが一番でしょうと思って待たせた。

お兄ちゃんとお姉ちゃんの前歯はすでに生え変わっているので、一種の「あこがれ」だったのだと思う(笑)日本では、抜けた歯を屋根の上に向かって投げたような?(記憶が薄れている)こちらでは、枕の下に入れて眠るとお金に変わることになっている。「朝には5セント(5円にあたる。)あるかな?」と、無理なお願いはしないセイナだ(笑)
[PR]
by nzbee | 2005-08-24 17:11 | 子育て

土曜の夜は・・・

b0000233_2052682.jpg
土曜日に子供のピアノ発表会があった。上の4人が弾いた。ご褒美に、その後モールへ行き皆でソフトクリームを食べているところ。

我が家は普段は冷凍庫にアイスクリームもないので、「外出先でアイスクリームを食べる」こと自体、子供にとっては(私も・・・)大変エキサイティングなイベントなのであ~る。

写真は土曜日の午後6時過ぎだというのに、お店はすでに閉まっていて、モールはがらんとしている。この前母が来たときに電話帳で調べたのだが、クライストチャーチ市内(一応NZで2番目に大きな都市)のショッピングモールはどこも土曜日は6時にさっさと閉まってしまう。

でも、どこのモールも週に一度はLate Nightというのが決まっていて、たいてい木曜日の夜とかは夜9時まで開いていたりする。街の中心部のショッピングエリアはLate Nightが金曜日だ。

一昔前の、お店はたいていどこも夕方5時まで、土日はお休み。というのに比べたら、大変な進歩なのだろうが、土曜の夜くらい8時頃までお店開けていてくれればいいのに、と感じてしまうのは日本人のわがままだろうか・・・
[PR]
by nzbee | 2005-08-16 20:24 | ニュージーランド文化

レコードプレーヤーのあるおうち。

b0000233_17421077.jpg
今やなつかしレコードプレーヤーである。それも木製だ。かなりの年代物だろう。コレクターとかで、CDプレーヤーも持っているがこだわりでレコードも聴く、という人はまだ居るかもしれない。でも、主人のお兄さんのように日常にこれしかない、というのは珍しいと思う。

この間の週末、近くに行く用事があったので、一人暮らしをしている主人の兄のところに寄った。男の一人暮らしだが、ハンパじゃない。冷蔵庫はほとんど空っぽ状態(野菜はたまに食べるそう・・・)、牛乳もない、ティーバッグもない。しかし、キッチンには空っぽのピーナッツバターの瓶が17,8個積んで置かれていた。か、かれが夕飯にもパンとピーナツバターを食べるというのはやはり本当だったのか・・・
[PR]
by nzbee | 2005-08-11 17:57 | ニュージーランド文化